【LINE例文付き】やば!飲み会当日のドタキャン、断り方




こんにちは、murariです。

最近、社会人になりました。

行きたい飲み会、行きたくない飲み会。ありますよね?

行きたくない飲み会、私ももちろんあります。

ただ、お誘いを受けている以上、断りにくいのもまた事実。

返答を先延ばしにして当日を迎えてしまった、、

なんて経験、あるんしゃないでしょうか?

今回は、絶対に行きたくない飲み会当日の断り方とLINE例文を紹介していきます。

飲み会当日の断り方集【LINE例文付き】

体調不良を理由にする

本当にしんどいフリをするのがポイント。

パートナーや家族を体調不良と言う事にして、飲み会を断るのも一つの手ですね。

親とか出されたら相手も追求しずらいはず。

LINE例文:

お疲れ様です。

本日の飲み会ですが、子供が熱を出してしまいご一緒することができませんん。

ぜひ、またの機会にご一緒させてください。

家庭の事情を持ち出す

これは多用はできませんが有効に使える理由の一つですね。

身内の不幸や里帰り、家族の体調が…etc

最終奥義として使用しましょう。

LINE例文:

お疲れ様です。

本日の飲み会ですが、身内に不幸がありましてご一緒することができませんん。

ぜひ、またの機会にご一緒させてください。

ダブルブッキングを理由にする

これを使う際には、自分の不手際なのでちゃんと申し訳なさげな態度をとるのがポイント。

仕事を理由に断る

職場が違う相手にのみ有効な手になります。

「仕事」というパワーワードには相手も屈さざるを得ないはず。

残業になってしまったよーと伝えてあげましょう。

(手当がつくなら、本当に残業してしまうのも一つの手ですね)

金欠を理由に断る

金銭的な苦しさを伝えるのもありですね。

ただ、「なぜ、事前に伝えてくれなかったのか」と追及される可能性があります。

それに対する返答も用意しておいたほうが良いかもですね。

急な出費が重なった等。

お金が無くなった事にさえしてしまえば無理には誘えないはず。

お酒が飲めないと断る

何か理由があってその日お酒が飲めなくなったことを伝える方法。

健康診断が近い等、病院の予定や車を運転しなければならないなどの言い訳が続けやすいです。

言い訳せずありのままに伝える

ある程度仲が良いのなら、自分の気持ちをありのままに伝えて絵見るのも一つの手ですね。

ちょっと今日、気乗りしないんだよね~と伝えてあげましょう。

それがきっかけでお互いに気楽な関係が築けるかもしれませんね。

すっぽかしたふりをする

信頼度はガタ落ちですが、絶対に行かなくて済む力技ですね。

相手からもはやどう思われてもいいときは使ってもいいかもしれません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です